ダウンロード

申請関係資料

代行申請同意書

技能者用代行申請同意書
個人情報取り扱い同意書
システム利用規約同意書
○手続き方法は下記を参照ください。
・インターネット代行申請 技能者情報登録
https://www.order.ccus.jp/pdf_download/skill_register_all.php
事業者用代行申請同意書
個人情報取り扱い同意書
システム利用規約同意書
○手続き方法は下記を参照ください。
・インターネット代行申請 事業者情報登録
https://www.order.ccus.jp/pdf_download/business_register_all.php

一括申請リスト

画像、またはタイトルをクリックするとPDF版をダウンロードできますので、印刷のうえ、ご利用下さい。

技能者の所属に関する証明書

画像、またはタイトルをクリックするとPDF版をダウンロードできますので、印刷のうえ、ご利用下さい。
※事業者IDの記入がないと受付できないのでご注意ください。

提出書類の記載内容の補記

建設キャリアアップシステムの登録申請(郵送申請・窓口申請)では、提出いただいた紙申請書の記載内容と添付書類の内容に相違がないか等の審査を行っております。 審査を行った際に、紙申請書の記載内容と添付書類の内容に相違等があった場合は、本資料の基準に合わせて補正を行い、建設キャリアアップシステムに登録しております。 このような補正があった場合、登録後の建設キャリアアップシステムのログイン後の画面に補記に関するコメントが表示されます。 補正に関する考え方や補正内容につきましては、本資料をご参照いただきますようお願いします。

ゆうちょ払込票送付をご希望の方

申請書を利用した技能者申込みを希望される方のうち、
コンビニエンスストアでの払込ができない方は、下記までお問い合わせ下さい。
建設キャリアアップシステム事業本部 ゆうちょ払込票作成係
Tel.03-5473-4586

※なお、作成にはお時間をいただきます。

インターネット申請ガイダンス

よくあるお問い合わせ

こちらは、Q&Aの事例集とお問い合わせの入力フォームがございます。

| よくある問い合わせ | 利用方法 | 技能者・事業者の登録全般 | 事業者情報の登録 | 技能者情報の登録 | 費用 | システムに蓄積される就業履歴 | システムの目的・対象 | システム活用の効果

Q9-1 システムに技能者情報を登録するメリットは(技能者にとって)

国土交通省では、技能者の処遇の改善に向けて、システムに蓄積された個々の技能者の保有資格や就業実績などを活用し、技能や職歴に応じた統一的な能力評価基準の策定や、きめ細かな賃金体系の検討、さらには労務単価への反映も視野に入れ検討していくとしています。
 また、建退共制度における証紙の貼付状況の確認が確実かつ容易になるとともに、技能者・事業者がおのおのの就業実績や資格取得などの状況を確認することを通して、さらなる技能の研さんや資格の取得につなげていくことが可能になります。
 さらに、建設業をいったん離れた技能者が再入職する際には、離職以前に習得した資格・研修や現場経験を客観的に証明できるといった活用が期待されます。

Q9-2 システムに技能者情報を登録するメリットは(技能者を雇用する事業者にとって)

国土交通省では、本システムを活用した技能者の処遇改善に向けた取組の一環として、技能者の能力評価基準と連動した専門工事業者の施工能力の見える化を進め、良い職人を育て、雇用する専門工事業者が選ばれる環境を整備するとしています。
 このように、雇用する技能者をシステムに登録し就業履歴を蓄積することで、評価につながる仕組みが整備されていきます。

Q9-3 システムに事業者情報を登録するメリットは(技能者を雇用する事業者にとって)

技能者の就業実績、保有資格などが統一的に蓄積されることで、雇用する技能者の水準を客観的に把握できるとともに、その施工力をアピールすることが可能になります。人材の育成に努め、優秀な技能者を多数抱える専門工事業者等は、これを発注者や元請事業者にアピールすることにより、受注機会の拡大につなげていくことが期待できます。さらに、国土交通省では、技能者の能力評価基準の策定を進め、これを基に、将来的には専門工事業者等の評価にもつなげていきたいとしています。

Q9-4 システムに事業者情報を登録するメリットは(現場を管理する元請事業者等にとって)

システムを活用して、自社の複数現場における技能者の就業履歴(日単位)や現場状況を一元的に確認することができる他、現場のセキュリティや安全対策、さらには社会保険の加入状況や資格保有の確認など、現場管理の効率化を図ることが期待できます。工事完了後であっても現場毎の技能者の就業履歴を確認できるので、現場のコンプライアンスやトレーサビリティの確保にもつながるものと考えています。また、元請事業者として優秀な人材を抱える専門工事業者等の選定に活用できる他、顧客に対して施工に携わる技能者のスキルをアピールするといった活用も可能になります。
 なお、建設キャリアアップシステムでは、既存の民間システム等との間で、就業履歴情報を送受信するために就業履歴データ連携APIを用意しますので、システムの拡充や合理化を図ることも可能です。就業履歴データ連携APIの詳細については、ホームページの「建レコ・カードリーダー」専用サイトをご覧ください。

Q9-5 システムに登録された情報で、施工体制台帳や作業員名簿等の書類作成が出来るのか

システムでは、登録された技能者、事業者と現場の情報を、全建統一様式に対応した施工体制台帳や作業員名簿等の帳票に自動入力する書類作成支援機能を用意します。この機能では、帳票の作成、閲覧、印刷、エクセル形式での出力まで行えることを予定しています。
 なお、この書類作成支援を行うには、その現場の施工体制へ下請事業者とその作業員名簿を登録する必要があります。

Q9-6 書類作成機能で作成した施工体制台帳や作業員名簿等の帳票は、システム上、関係者間でやりとりできるのか

書類作成機能で作成した帳票を、関係者がシステムにログインし、相互に閲覧・出力することができるようにする予定です。
 具体的には、施工体制で上位となる事業者が、下位の事業者が登録した作業員名簿等を閲覧・出力できること、また、施工体制台帳を、当該の元請事業者と一次下請事業者が相互に閲覧・出力すること等です。

Q9-7 システムに登録された技能者の能力評価はどのように行うのか

システムに蓄積される情報を活用した技能者の能力評価のあり方については、国土交通省が開催する「建設技能者の能力評価のあり方に関する検討会」において検討を進めております。

[お問い合わせフォーム]

以下のフォームに、間違えないよう御記入いただき、"確認" ボタンで確認後、送信ください。 特にメールアドレスを打ち間違えますと、返信できませんので御注意ください。

電話にてのお問い合わせは 03-6386-3725(平日9:00-17:00)までお願いいたします。