ダウンロード

申請関係資料

代行申請同意書

技能者用代行申請同意書
個人情報取り扱い同意書
システム利用規約同意書
○手続き方法は下記を参照ください。
・インターネット代行申請 技能者情報登録
https://www.order.ccus.jp/pdf_download/skill_register_all.php
事業者用代行申請同意書
個人情報取り扱い同意書
システム利用規約同意書
○手続き方法は下記を参照ください。
・インターネット代行申請 事業者情報登録
https://www.order.ccus.jp/pdf_download/business_register_all.php

一括申請リスト

画像、またはタイトルをクリックするとPDF版をダウンロードできますので、印刷のうえ、ご利用下さい。

技能者の所属に関する証明書

画像、またはタイトルをクリックするとPDF版をダウンロードできますので、印刷のうえ、ご利用下さい。
※事業者IDの記入がないと受付できないのでご注意ください。

提出書類の記載内容の補記

建設キャリアアップシステムの登録申請(郵送申請・窓口申請)では、提出いただいた紙申請書の記載内容と添付書類の内容に相違がないか等の審査を行っております。 審査を行った際に、紙申請書の記載内容と添付書類の内容に相違等があった場合は、本資料の基準に合わせて補正を行い、建設キャリアアップシステムに登録しております。 このような補正があった場合、登録後の建設キャリアアップシステムのログイン後の画面に補記に関するコメントが表示されます。 補正に関する考え方や補正内容につきましては、本資料をご参照いただきますようお願いします。

ゆうちょ払込票送付をご希望の方

ゆうちょ払込票でのお支払いをご希望の方は、恐れ入りますが、下記までお問い合わせ下さい。
建設キャリアアップシステム事業本部
Tel.03-5473-4586

インターネット申請ガイダンス

よくあるお問い合わせ

こちらは、Q&Aの事例集とお問い合わせの入力フォームがございます。

| よくある問い合わせ | 利用方法 | 技能者・事業者の登録全般 | 事業者情報の登録 | 技能者情報の登録 | 費用 | システムに蓄積される就業履歴 | システムの目的・対象 | システム活用の効果

Q7-1 カードを忘れた技能者については、どうやって就業履歴を蓄積するのか

技能者がカードを忘れた場合は、事後に技能者又は所属事業者(雇用する事業者)が、システムにログインして、メニュー「就業履歴」の「入力」から、「立場・作業内容・職種・有害物質への従事」などの情報を直接入力して、就業履歴を蓄積します。なお、それらの就業履歴は、信頼性を確保するために、現場の元請事業者や所属事業者による承認や確認を行う必要があり、その結果を閲覧画面でも表示します。
就業履歴の蓄積方法については、現場運用マニュアル「第7章 下請事業者の就業履歴の登録と元請事業者の就業履歴の承認」を参照ください。参考サイト

Q7-2 カードリーダーとカードリーダーを接続するパソコンを置くスペースを確保できない現場については、どうやって就業履歴を蓄積するのか

スペース的にカードリーダーとカードリーダーを接続するパソコンを定置できない等の場合は、ポケッタブルタイプのカードリーダーを使用する手法や、カードリーダーをタブレットタイプのパソコン等(ipad、iPhoneも含む)に接続し使用する手法があります。
 なお、カードリーダーを使用しない場合は、Q4-1と同じ手法になります。

Q7-3 システムに登録する前の履歴はどのようにシステム上扱われるのか

技能者情報の登録の際、技能者ID発行以前の「経験年数(職歴など)」を記載できる欄を設け、記載内容を技能者情報の閲覧画面に表示する予定です。
 例えば、技能者は「型枠工事を20年。」、所属事業者は「この技能者は型枠工事を20年経験したことを証明します。」と記載することが考えられます。

Q7-4 現場における立場(職長など)や作業内容は誰がいつ登録することになるのか

元請事業者が現場・契約情報を登録した後、所属事業者は、技能者の就業内容(職種・⽴場・作業内容等)
を記載した作業員名簿を、その現場の施⼯体制に登録します。
これにより、現場毎に技能者の⽴場や作業内容等が登録され、蓄積される就業履歴に反映されます。

Q7-5 日によって異なる作業をする技能者(多能工)の就業履歴はどのように蓄積されるのか

Q4-4のとおり、現場毎に技能者の就業内容(職種・立場・作業内容等)を登録できます。
 また、同一現場で日によって異なる作業の場合は、就業履歴の蓄積後に所属事業者がシステムにログインし、就業内容を日単位で変更することを可能としております。
 この場合は、蓄積された就業履歴は、例えば、A現場について、鉄筋工○日、足場組立△日、揚重作業□日などと表示する予定です。

Q7-6 技能者がシステムの登録をしていても、所属事業者がシステムの登録をしていない場合は、技能者の就業履歴はどのように扱われるのか

技能者情報の登録と、元請事業者による現場・契約情報の登録があれば、所属事業者登録がなくても、現場に設置したカードリーダーにカードをタッチする等により就業履歴は蓄積されますが、Q4-4にある所属事業者による技能者の就業内容(職種・立場・作業内容等)の登録はされず、立場と作業内容が就業履歴に反映されません。
事例:A(技能者):個人で技能者登録をしている
B社(Aの所属事業者):事業者登録をしていない
C社(元請事業者):事業者登録をしている
D現場(Cが開設した現場):現場・契約情報の登録をしている

 事例に示すように所属事業者登録がない場合は、AのD現場での就業履歴は蓄積されますが、Aが「どういった立場で」「どのような作業内容に」従事したという情報は蓄積されません。

Q7-7 いわゆる応援の技能者の就業履歴はどのように登録されるのか

建設業では労働者の派遣は禁止されており、応援元の事業者と応援先の事業者が両者間で適切な請負契約を締結する必要があります。
 その上で、応援元の事業者は応援先の事業者の下請事業者としてシステムに登録され、応援元の事業者に所属する技能者として従事した就業履歴が蓄積されます。
 ただし、建設業務労働者就業機会確保事業により、厚生労働大臣の許可を受けて、技能者が応援先の事業者に送り出された場合は、受け入れた事業者に所属する技能者として従事した就業履歴が蓄積されます。

Q7-8 既に就業履歴等が管理できる民間システム等を導入していたらどうなるのか

建設キャリアアップシステムでは、他のシステムとの間で、就業履歴情報を送受信するために就業履歴データ連携APIを用意します。
これにより、他のシステムで蓄積する就業履歴を、建設キャリアップシステムに蓄積することが可能となります。
連携する対象として、以下のシステムを認定することを想定しています。
  (1) 就業履歴情報を記録・管理するシステム。
  (2) 技能者に有益なシステム。
  (3) 十分なセキュリティを確保したシステム。
  (4) 取り扱うデータに対し、共同利用することに同意できるシステム。
 連携が認定されたシステムでは、別途、建設キャリアアップシステムのためのカードリーダーを設置していただく必要はありませんが、カードリーダーの暗号化の対応仕様によっては、別途、必要となる場合もあります。
なお、データ連携APIの仕様の取得手順についてはHPに掲載しています。
※申請受付サイト 参考サイト

Q7-9 現場に出入りしないが、自社の加工場において、現場で使用する鉄筋や型枠を加工する技能者の就業履歴は蓄積できるのか

自社の加工場等を、現場としてシステムへ登録することができます。この場合、システムに登録した他の現場と同様に就業履歴を蓄積することが可能です。

Q7-10 工事によっては秘匿等を求められるので、現場・契約情報登録の際に、現場名を伏字等で表記してもよいのか

必要に応じて現場名を伏字等で表記し登録することが可能です。なお、就業履歴においても現場名を表示しますが、技能者がどのような現場に就業したかを示すためですので、どのような現場か分かる程度の伏字等にしていただく必要があります。
例:A邸住宅新築工事
○○改築工事

Q7-11 建設キャリアアップシステムに現場入場者の入退場管理機能はあるのか

建設キャリアアップシステムは技能者の就業履歴を業界横断の共通ルールで蓄積し、その蓄積された就業履歴等から処遇を改善していくことを主な目的としておりますので入退場を管理する機能はありません。
但し、このシステムは認定された民間システムと連携することも可能としており、例えば技能者がキャリアアップカードを入退場時にカードリーダへかざすことで就業履歴データの蓄積とともに入退場管理機能を備えたシステムであれば管理は可能となります。(カード情報の読取り状況により入退場時間と勤務時間が一致しないこともありますので注意は必要です)参考サイト

Q7-12 多能工として働く場合の就業履歴の蓄積方法

技能者情報を申請する際、コード表に記載のある職種を選択することが出来ますが、「多能工」という職種はありません。
なお、複数の職種を登録することは可能です。

例えば、型枠工と鉄筋工の二つの職種を登録している技能者がいます。
施工体制上、型枠工として登録され、カードを読み取ることによって就業履歴を蓄積した場合、型枠工として蓄積されます。
ある日、鉄筋工として従事した場合、その日以降にシステムにログインし、就業履歴を編集することによって、鉄筋工として就業履歴を蓄積することができます。
また、同一日に二つの職種の作業に従事した場合、システムにログインし、就業履歴を追加することによって、二つの職種の就業履歴を蓄積することができます。

[お問い合わせフォーム]

以下のフォームに、間違えないよう御記入いただき、"確認" ボタンで確認後、送信ください。 特にメールアドレスを打ち間違えますと、返信できませんので御注意ください。

電話にてのお問い合わせは 03-6386-3725(平日9:00-17:00)までお願いいたします。